会社設立

会社を設立する時に知っておきたいこと

a1

会社を設立する時に知っておくといいことを書いていきます。

平成18年以来、会社を設立する際の自由度が高くなり、最低資本金はなくなり、役員が1人からでも良くなったそうです。

そして会社を設立させるための情報がとても簡単に手に入るようになったので、自分で会社設立の手続きをするという人も増えてきています。 ですが、自分で決めた会社設立は、設立の仕方が少し違うだけで、税の負担などが大きく変わってしまうので、会社の設立を考えているのなら出来るだけ、専門知識のある人の相談しつつ意見ももらいながら設立をしたほうがいいでしょう。

そして資本金は、1円でも良くなりましたが、実際に資本金が1円だと運転資金は役員などから借り入れすることになりますし、借り入れはいつか返さなくてはいけません。 また資本金が少ない状態だと、債務超過になってしまいますので、対外的な信用のためにも、資本金はある程度必要なのです。

以前の有限会社の場合は、資本金に300万円が要求されていて、1つの基準になっていました。なので、できれば300万円位の資本金を用意できれば、その後の経営にもいいのではないでしょうか。

また資本金額が1000万円未満の法人であれば、第1期と第2期は消費税が免税されます。 1000万円以上であれば、1期目は消費税の納税の義務が生じますが、1期目や2期目に大きな設備投資を行うとしたら、1期目から消費税の課税事業者であってほうが有利になるかもしれません。ですがどちらがいいとは、はっきり決めることは出来ませんので、会社設立の際には、初めの数年の事業計画をしっかり立てて、それに合っているタックスプランニングを立てるといいでしょう。

また資本金が1000万円以下で従業が50人以下の場合は、法人住民税均等割が最低金額の7万円になります。これは、赤字でも払わなくてはいけません。

また法人を設立するのであれば、決算期を決めなくてはいけないのです。業種によって決算期が固定されていることもあるようですが、自由に決められる業種であるなら、注意しなくてはいけないことがあります。 1つは、利益に出る月を初めに持ってくることです。 多くの業種では、繁忙期と閑散期があります、利益の出る月を最初に持ってくると、その後の長い時間をかけ資金の使い道を考え、節税対策が出来るのです。逆の場合だと、利益が出る月が決算月だと、対処することが出来ないのです。

2つ目は、消費税の免税期間を長くすることです。 資本金が1000万円未満の場合には、設立1期目と2期目は免税になりますが、1期目を短く設定してしまうと、免税期間の恩恵を受けられる期間が短くなってしまうのです。なのでなるべく1期目は丸々1年あるように決算期を設定するようにするといいでしょう。

3つ目は、棚卸の少ない月を選びましょう。 決算を行う際に、棚卸の金額を確定しなければいけませんので、棚卸の少ない月が決算月だと、その手間が少なくなるのです。

4つ目は、会計事務所に余裕がある時期を選ぶことです。 会計事務所が時間に余裕があるのは、比較的に夏頃なので、そのくらいに決算月をもってくるといいかもしれません。そうすると、余裕をもって決算対策を行ってくれるかもしれません。

また定款を作る際に知っておくべきことは、定款は株式会社の設立時に必ず作る必要があるもので、会社の憲法などとも説明される基本の規則なのです。各条項に書いてある内容は法律上、絶対的記載事項・相対的記載事項・任意的記載事項の3つに大別することが出来ます。3つの区別がわかっていないと、定款に書くべきことを書き忘れてしまったり、無効になってしまったりします。定款は後で変更することが出来なくなってしまって、経営に問題を抱えてしまう危険もあるのです。なので、定款を作る前に、しっかり理解しなくてはいけません。

定款に必ず必要な事項は、絶対的記載事項です。 会社の目的や商号、本店の所在地、設立の際に出資される財産の価格または、その最低額、発起人の氏名か名称及び住所、発行可能性株式総数が絶対的記載事項にあたるようです。 これらを記載しておくと、有効な定款になるのです。

定めるらな定款に記載しないといけない事項は、相対的記載事項です。 定款に記載しなければ効力を持たない事項で、そのルールを作るのであれば、絶対に定款に記載しなければいけないものなのです。

定款にはその他の会社の基本的な事項を規定できるのは、任意的記載事項です。 相対的記載事項とは異なり、契約や内規で定めでも有効な事項で、これらの事項を任意的記載事項として定款内で定めることの実際の意味は、2つあるようです。

1つ目は、会社にあける重要な事項を明確にするということで、2つ目は、その事項を簡単に変更は出来ないようにしておくということです。

このように会社を設立する時に知っておくといいことがあります。他にも色々知っておくといいことがたくさんあると思います。 全て自分でするのは、大変だと思うので、専門の知識を持った人に相談をしたり、アドバイスを受けながら、設立を進めていくといいのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP