会社設立 必要 費用 どれくらい

会社の設立に必要な費用はどれくらいかかる?

a1

会社を設立するためにどのくらいの費用が必要になるのかを書いていきたいと思います。今から会社を設立しようといている人や、将来的に会社の設立を目指している人は、良かったら参考にしてみてください。

会社を設立するとなると、色々なことに費用が必要になってきます。 では何にどれくらいの費用が必要になるのかを書いていきたいと思います。

会社設立の設立登記にかかる費用
・定款に貼る収入印紙代→4万円
・定款の認証手数料→5万円
・定款の謄本手数料→約2000円
・登記事の登録免許税→15万円



このように会社設立の設立登記をするとなると、合計で約25万円必要になるのです。ですが、電子定款の場合には、収入印紙代の4万円が不要になります。

代行業者に頼むと、代行業者はどこも電子定款を作成するための必要機器を持っているので、4万円不要ですし、代行業者自体を1万円くらいも少額で行ってくれるので、 25万円−4万円+1万円で22万円になって、自分で全てやるより3万円くらい安く済ませることが出来るのです。また時間も費用も抑えることが出来るので、代行業者に頼むのもいいと思います。

合同会社は、60000万円くらいの費用が必要になるようです。

他には、会社の実印作成にかかる費用についてです。 印鑑は高額な物で、印材によっても差が出るようです。 象牙などの高価な物でなくていいようですが、ある程度は高価なものを選んだ方が実印の重みがあり良いようです。 金額に来るとピンからキリまであるので、何とも言えませんが印材がある程度高価な物を選ぶようにしてください。

資本金についてです。会社を設立するとなると資本金を用意する必要があります。 平均の資本金額は300万円と言われています。 300万円を用意しておけばいいというわけではありませんので、資本金をいくらにするのかをしっかり考えて決めるようにしましょう。 決め方として、初期費用+3ヶ月分の運転資金を用意することと、取引先や仕入れ先の企業規模を考慮すること、消費税免税期間を考慮することと、創業融資を考慮することです。 この4つが資本金を決める時のポイントですので、これを頭に入れて考えてみましょう。

設立までには、このように色々なことに費用がかかってしまい、かなりの費用が必要になるのです。簡単に会社を設立しようと考えても、多額な費用がかかってしまうので、簡単なことではないと思います。

また実際に会社を始めるとなると、色々な準備が必要で、最低限の諸経費の130万円が必要になるようです。

事務所関連経費で約80万円の費用が必要になるようです。 事務所といっても、貸事務所、レンタルオフィス、バーチャルオフィス、自宅を事務所にするなど選択肢があります。 リスクを最小限にし、スタートするのであればバーチャルオフィスか自宅を事務所にすると選択するという手もあります。しかししっかあり会社経営していくのであれば、法人口座の開設や法人カードの所得のしやすさなどを考えてみると、レンタルオフィスがオススメされることが多いようです。 レンタルオフィスは一般的に、仲介手数料や敷金・礼金、保証金、前払い家賃を含めると、だいたい80万円くらいの費用が必要になるようです。

また事務用品関連費用では約50万円の費用が費用になります。 会社を経営すると、デスクやパソコンなどの事務用品が必要で、2~3人でスタートするとしたら、パソコンが3台にデスクと椅子が3つずつ、プリンターなどの購入に最低でも50万円くらい費用が必要になるのです。

その他にも、企業ロゴや名刺作り、自分の会社のホームページを作る時にも、費用が必要になり、またホームページを外注する場合には、別途の費用がかかってしまいます。

業種によっては、設立後にまだまだ色々なことに費用がかかってしまうかもしれません。ですが会社設立には、これくらいの費用が必要になるということを頭にいれておくといいかもしれません。このようにどれくらいという目安がわかっていれば、費用を準備しやすいのではないでしょうか。

これを見てもわかるように、会社の設立には高額の費用が必要になるのです。なので誰でも簡単に会社が設立出来るという訳ではないのです。

会社を設立しようと思うのであれば、この必要になる費用を目安にして、事前にしっかりと費用を用意して自分が目指している会社を設立してみてはどうでしょうか。

自分で全ての手続きをするのは大変と思うのであれば、任せることが出来る所は代行業者に頼んで手続きをしてもらってもいいと思います。 また少しでも費用を抑えたいと思うのであれば、代行業者に頼むことで3万くらい安く済むので費用を抑えたいと思うのであれば代行業者に頼むのもいいと思います。

いざ自分が会社を設立する時になったら、事前に色々調べて準備していきましょう。わからない所ができたら、そのままにせずに専門家の人に聞き、しっかり理解するようにするといいでしょう。

↑ PAGE TOP